バスのドライバー求人

具体的な仕事内容は様々

バスのドライバーは、具体的な仕事内容に幅があります。求人の中でも多いのは、路線バスや高速バスのドライバーです。いずれも、毎日決まったルートを運行するのが基本です。路線バスの場合は一般道を走りながらバス停を巡り、高速バスは高速道路を使用して長距離移動することが多いという違いがあります。そして、同じ会社が路線バスと高速バスの両方を運行している場合も珍しくなく、それぞれの求人元が同じ会社というパターンは多いです。

また、観光バスドライバーの求人もあります。主に旅行で使用されることが多く、ルートは顧客によって変わります。この観光バスドライバーの求人は、観光バス専門の会社や高速バス会社など、色々な会社から出ています。さらに、幼稚園やデイサービスなどの送迎を行う、特殊なドライバーもあります。その求人は、幼稚園やデイサービスが直接出していることが多く、見つけにくいかもしれません。

基本的には二種免許が必要

バスドライバーの求人に申し込むためには、大型二種の運転免許がほぼ必須です。ほとんどのバスは大型免許が必要な重量で、仕事として人を運ぶ場合には一種ではなく二種の免許が必要です。したがって、バスドライバーの求人に申し込みを考えているのであれば、大型二種免許をあらかじめ取得しておいた方が良いです。

ただ、バスドライバーの求人の中には、入社後に大型二種免許の取得をさせてくれるところもあります。そのため、大型二種免許が絶対に必要というわけではありません。大型二種免許を持っていない人は、免許取得のサポートがある求人を探すと良いでしょう。また、バスの中でも、マイクロバスのようにサイズが小さいものであれば、普通免許でも対応できます。そして、幼稚園バスの運転手など、二種免許を必要としないバスドライバーの求人もあります。

愛知のドライバーの募集は、東海地方を代表する大手企業や地域に密着した運送会社、タクシー会社などで行われています。